住宅診断(ホームインスペクション)

住宅診断(ホームインスペクション)

 木造一戸建住宅にお住まいの方に!
中古住宅の購入・売却をご検討されている方に!
住宅診断『ホームインスペクション』をおすすめ致します。

※建物は、完成直後から経年劣化という現象が生じています。
・建物の変形により防水性が損なわれ、雨水が建物内部に入り込んでいる。
・雨漏りやシロアリの害、木材の湿り気の多さにより木材が腐朽している。
・基礎・外壁等にひび割れが生じている。不同沈下により建物が歪んできた。・・・・・等。
建物をより長持ちさせるために、より良い住環境を保つために、普段の生活で気が付きにくい点を含めて調査致します。体の健康診断と同様に住宅にも診断が必要です。

一級建築士同行による『中立』『公正』な第3者的な調査!
中古住宅の流通が盛んな海外では、住宅売買の前段階において、建物を専門的に診断する事が行なわれています。不具合や劣化度合いの報告により、購入を検討するに当たり補修工事の必要性の有無や合理的な判断の参考となります。また、売却に当たりましては、事前に診断を行っておく事で、買手様側に事前に不具合・劣化度合いを告知する事により、売却後の不用なトラブルを回避する事が出来ます!

まずは、【一次診断】を!
外壁や基礎に不具合の兆候は見られないか、室内に雨漏りの形跡は無いか、建物が傾いていないか等を、目視・問診・体感・下記使用機材等を用いて調査・確認し、建物のコンディションをご依頼者に説明致します。(調査報告書付き) また、一次診断の状況によりましては、二次診断(天井・壁・床
等の一部を剥がし不具合の詳細調査等)のご提案や修繕方法のご提案も致します。

(使用機材) 
・クラックスケール・・・・・・ 基礎・外壁のひび割れ幅を計測します。
・打診棒        ・・・・・・ タイルの浮き等を調べます。
・レーザーレベル ・・・・・・ 建物の傾きを計測します。
・木材含水率計   ・・・・・・ 床下・小屋裏等の木材含水率を計測します。
・他(水平器・湿度計・点検鏡・双眼鏡・コンベックス・バケツ等)

住宅診断使用機材の写真

診断風景

診断風景

上記、【一次診断】費用 
※木造一戸建て延べ床面積130㎡(約40坪)までの場合
                                                 ¥45,000円(税込)
※小屋裏・床下・天井裏等の点検口が利用出来ない場合
                                                 ¥35,000円(税込)

※当社にて、中古住宅のご売却依頼をいただける場合、当社お取り扱いにて木造住宅のご購入をいただける場合、【一次診断】は、無料サービスにて実施させていただきます。

●調査項目一覧
A 外周りの状態
“基礎、外壁仕上げ、屋根、軒裏、雨どい、外部に取り付けられている金物等、バルコニー等、外部階段” 
B 室内の状態
“壁、柱および梁のうち屋内に面する部分、床、天井、階段、開口部” 
C 床下の状態
“土台および床組、基礎および床下面 (ただし、床下点検口が使用可能で、そこからのぞき込み見える範囲)”
D 小屋裏・天井裏の状態
“土台および床組、基礎および床下面(ただし、天井点検口が使用可能で、そこからのぞき込み見える範囲)”
E 設備の状態
“給水設備、給湯設備、排水設備、換気設備、火災報知器、その他”
F 敷地内に関すること
“敷地(主に建物周辺)、駐車スペースや附属物、敷地境界付近”

調査項目

調査報告書の例

※お申込み手続きまずは、電話にてご相談!

診断お申込み
   ↓

ご依頼者様宅にお伺い致します。
   ↓ 

事前調査
・お聞き取り調査
・図面等の調査等
・診断日時の確認
   ↓ 

住宅診断実施

※診断には、約3~4時間程度のお時間を要します。